スマートフォンサイト制作

レスポンシブデザインとデバイス別サイトについての考え方

レスポンシブデザインに向いているサイトとは?

  • 元々サイト全体の情報量が少ない
    PCサイトとスマホサイトで載せる情報がイコールとなります。
    情報量が多い場合は、スマホでの表示が難しくなります。
  • 使用している画像が少ない
  • 新着情報などお客様自身での更新箇所がシンプルな構成
    WYSIWYGで写真の回り込みを多用していると、無駄なソースが増え、スマホで表示した時には空白ばかりになったりします。
  • JSを多用していない
    PC用とスマホ用で同じJSを使用する場合、読み込み時間制限を考慮する必要があります。
    解析でもJSを使用していますので、なるべく軽量なものをポイントのみで使うようにした方がベターです。

デバイス別サイトが向いているサイトとは?

  • サイトの情報量が多い
  • スマホサイトは入り口と考え、詳細な情報はPCサイトを見てもらいたいケース
  • 使用画像が多い、Flashがある
  • 新着情報などお客様更新箇所が複雑な場合
  • テーブルが多い
    スマホではテーブルは3列くらいが限界です。

SEOは?

Googleはレスポンシブを推奨していますが、実際はalternate属性/canonical属性を正しく設定していれば、デバイス別のサイトでも不利になることはなさそうです。

ブラウザは?

モダンブラウザでは問題なく表示されます。
Internet Explorerは基本的には9以上を対象とします。